ゴールドカード

一番よく知られているのは、「ゴールドカード」と呼ばれるカードでしょう。ゴールドカードを持つことは一種のステータスでもあり、憧れの気持ちを抱いている人も多いようです。ただしゴールドカードは一般に年会費が高く設定されているので、それだけのお金に見合うサービスが提供されるのかどうかと考えると、申し込みを躊躇してしまう人も多いのではないのでしょうか?年会費無料のクレジットカードが増える中、ゴールドカードにも、イメージだけではない使える確かなサービスを提供することが要求されているようです。

 

一般的なゴールドカードには、クレジットカードの入会資格として年齢が30歳以上、年収500万円以上というような比較的厳しい条件が設けられています。ショッピング利用限度額は、人によりますがおよそ50万円から200万円程度とされており、クレジットカードの付帯保険は国内旅行保険が5000万円、海外旅行保険が5000万円、そしてショッピング保険が300万円ほどとされているケースが多いようです。そのほか、ゴールドカードならではの特典としては、ポイントサービスにおける優遇措置や、空港の有料ラウンジが無料で利用できるサービスなどを例として挙げることができます。ゴールドカードは審査基準が厳しいため、主に安定した職についている人や、年収の高い人などが対象とされています。

 

年会費は10000円から30000円くらいが相場のようで、これを高いと感じるか妥当と感じるかは、人それぞれと言えるでしょう。ただしゴールドカードにも、年会費無料の波は押し寄せているようで、最近では年間にある一定額以上の継続したクレジットカード利用があった場合に招待される年会費無料のゴールドカードなど、条件によって年会費を無料にするゴールドカードというのも登場しています。

 

ヤングゴールドカードは、低年齢層向けのゴールドカードで、年齢や年収といったクレジットカードの入会基準が、普通のゴールドカードよりややゆるやかで、年会費も低めに抑えられています。ヤングゴールドカードは、クレジットカード会員の年齢が30歳に達すると、自動的にゴールドカードへの切り替えが行なわれるもの多いようです。若いうちからゴールドカードを持ちたいと考える人にはぴったりのクレジットカードであると言えるかもしれません。

クレジットカードを申し込むには

 

 

クレジットカードを申し込むには、それぞれのカード会社の指定の申し込み用紙に必要事項を正しく記入して申し込みをし、クレジットカードの申し込み審査を待つという流れになります。クレジットカードに申し込む方法としては、次のようなものがあります。

 

大手スーパーやデパート、銀行、郵便局などで、クレジットカードの入会キャンペーンをしているのをよく見かけることがあります。このような場合は、その場で申し込み用紙に記入をすれば、簡単にクレジットカードの申し込みを行なうことができます。
街中のあちこちに置かれているクレジットカードの申し込み用紙を持ち帰って必要事項を記入し、郵送で申し込みをすることもできます。身近なところで目当てのクレジットカードの申し込み用紙が見つからないというような場合は、そのクレジットカード会社の電話番号を調べて連絡を取り、申し込み用紙を送付してもらうと良いでしょう。
最近では、インターネット上からクレジットカードの申し込みをする人も増えているようです。インターネットで目当てのクレジットカード会社のWEBサイトを調べ、決められたフォームに必要事項を入力して送信すれば、とても手軽に申し込みをすることが可能です。
クレジットカードの申し込みをするためには、保険証や運転免許証などの身分証明書が必要となります。これは、申し込み者が本人であることを確認するためです。身分証明書としてどのような書類が必要となるのかは、クレジットカード会社によって多少異なりますので、あらかじめきちんと確認しておきましょう。インターネットからクレジットカードの申し込みを行なう場合には、郵送などの方法で申し込み時に身分証明書の写しを提出することになります。

 

では、実際にクレジットカードが発行されるまでの手順とはどのようなものでしょうか?申し込み用紙に必要事項を記入、あるいは入力して申し込みを行なうと、まずはクレジットカード会社による審査が行なわれます。ここでは申し込み用紙の内容をもとにして、それぞれのカード会社の基準による審査がされることになります。
審査の結果、特に問題がなければいよいよクレジットカードの発行です。クレジットカードが発行されると、本人のもとへ郵便などで送られてきます。クレジットカードは取り扱いに注意が必要であるため、一般的には配達記録郵便というような、間違いなくカードを申し込んだ本人が受け取ることが可能な形で送られてくることになります。

 

 

 

 

 

 

クレジットカードを紛失してしまったら

クレジットカードを紛失してしまった時はどうすればよいのでしょうか。クレジットカードの紛失や盗難に気付いた時は、少しでも早くカード会社に連絡をいれることが大切です。最近では休日であっても受け付けをしてくれるカード会社が増えていますから、どんな場合でもあきらめず、まず電話をしてみることが大事です。連絡が入れば、クレジットカード会社の方で、そのカードを使用できなくする手続きをしてくれます。被害を拡大させないためには、一刻も早く気付いて連絡することと心に銘じておきましょう。

 

クレジットカードを盗まれた場合は、警察に盗難届を出すことも必要です。万が一カードの不正利用をされてしまった場合には、保険を適用する手続きをすることになりますが、その際に盗難届が必要とされるためです。クレジットカード会社や銀行においては、暗証番号の管理という点においては利用者の側が責任を持ち、利用者サイドの過失を原因とする債務については、カード会社では負担しないことを約款で規定しているケースが多いようです。生年月日や電話番号というような第三者が容易に想像できるような暗証番号を設定していたり、保管場所が適切でなかったりするような場合には、利用者が損害を負担しなければならない可能性もあるので注意が必要です。

 

盗まれたクレジットカードを不正に使用されて、賠償額の請求が本人にくるというのは、そんなによくある例というわけではありません。ただし、クレジットカードの紛失や盗難の場合、責任は本人にあるというのが大原則とされています。クレジットカードを持つということは、カードの使用に関するあらゆることに、カード会員本人が責任を持つということでもあります。当たり前のように思われるかもしれませんが、暗証番号は他人にわかりにくいものにし、クレジットカードの保管は厳重にするようにしましょう。

 

とはいえ、カードの所有者本人に明らかな過失があるというような極端な場合を除いては、クレジットカードの盗難や紛失に端を発する被害額は保険によって補填されるケースが多いようです。カード会社は新規にクレジットカードを発行する場合には、たいてい盗難保険に加入することになっています。盗難や紛失といった場合は、ほとんどこの保険が適用されることになります。会社側でもカードを持つ個人の側でも、万一のときに対する十分な備えをしたうえで、クレジットカードの便利さを楽しみたいものです。